固定前の治療費打ち切り

まだ症状固定していないのに治療費の支給を打ち切られてしまうということもあります。

実際こうしたことは珍しくありませんし、保険会社が半ば強引に症状固定だと言い張って治療費を打ち切ろうとすることはあります。

これは大手の保険会社でもそうですし、勝手に治療費の打ち切りをされてしまうことがあるのです。

このような場合にどのような対処をすればいいのかということですが、ベストなのは弁護士に相談することです。弁護士に相談して正式に依頼すれば適切な対応をしてくれます。保険会社もプロフェッショナルですから素人に言い負かされるようなことはありません。

症状固定ではないと言ってもなんだかんだと理由をつけて治療費を打ち切ろうとしてきます。しかし、弁護士なら法律のエキスパートですしそのような言葉に騙されることもありません。主治医からもきちんと意見を聞き、保険会社が一旦治療費の支払いを打ち切ったとしても後からかかった治療費を請求するということが可能になります。

多くの方は保険会社にいいように言いくるめられてしまいますが、弁護士に相談して正式に依頼すればきちんとそれなりの対応をしてくれます。これはぜひ覚えておいてほしいですね。

関連記事:症状固定の問題点